会社を選ぶ

どういった建築会社で家を建てるのがあっているのか

注文住宅を建築するための建築会社としてハウスメーカーや工務店、不動産会社、設計事務所があります。これらの建築会社にはそれぞれの特徴がありさらに建築会社ごとにも特徴があります。 自由度で比較すると設計事務所、ハウスメーカー、工務店、不動産会社という順番で自由度が高くなっています。とはいえ工務店でも設計事務所と同様に自社に建築士を置いてより自由度の高い工務店もあります。不動産会社は規格住宅に近いものを提供している会社が多いので自由度を下げましたが中には自由に設備や間取りを選択できる不動産会社もあります。このようにすべての建築会社を一概に比較することは難しいとは言えますがある程度の知識を持ったうえで自分たちにはどの選択肢があっているのかを判断することで失敗しない家づくりをすることができるのです。

建築会社選びの重要性

注文住宅で住宅を建築する場合に建築会社から提案された間取りをそのまま建築するのであれば注文住宅で建築する意味があまりないといえます。とはいえほとんど知識がなく一から自分で考えるのは不安という人はハウスメーカーなどある程度仕様が決められている建築会社を選択することで少ない知識で満足のいく住宅を建築することができます。こだわりが強く地震で間取りや設備まで指定がある場合には設計事務所でなければ実現できないケースが多いはずです。多くの建築会社で注文住宅が提供されているので自由度や使用する材料まで自分たちの理想を実現できる建築会社は必ず見つかるはずです。住宅は一生で一番高い買い物とも言われます。少しでも後悔や疑問が残る状態で契約をするべきではありません。しっかりとすべての問題を解決したうえで信頼のおける建築会社を選ぶことが大切です。

▲TOPへ▲