デザイン住宅の魅力

伝統と革新が同居するデザイン住宅

自分で一から住宅を造る場合、人様を招きやすい家を造るようにしましょう。一戸建てを持つ価値は、大勢の人に遊びに来てもらえる点にあります。 なかでもデザイン住宅は他とは違った居心地を提供する上で優れた住宅です。 近年のデザイン住宅は和のスタイルを取り入れたモダンな住宅が人気です。モダンデザイン住宅の発祥は欧米であり、2000年代はそうした欧米的なデザイン住宅が人気を博していました。 一方近年ではアーティスティックな中にも「和」の伝統を取り入れた住宅が好まれています。住宅は芸術品であると同時に、落ち着ける空間です。和風建築への回帰は、私達の本能が求めているものと言う事ができます。 同時に近年の和風モダンデザイン住宅は、伝統的な和のデザインを活かしながら新しい気風も取り込んでいる先鋭的なものなのです。

時代を取り込みながら進歩するデザインと住宅

デザイン住宅の流行を追いかけていると、基本的には欧米の文化に大きな影響を受けている事が分かります。例えば1990年代はブリティッシュスタイルのデザイン住宅がとても人気でした。 戦後の日本の建築物は、欧米文化を基調に進歩していますので、当然の流れと言えます。 従って今後のデザイン住宅も、欧米で生まれる新たな文化を取り込みつつ発展して行くでしょう。 また同時に近年はモダンデザインの中に伝統を取り入れた「和」の住宅も生まれていますので、今後は文化が融合した住宅も好まれるようになるでしょう。 建築設計技術や資材の問題で、完全に伝統的な和風建築物を作ろうとした場合、現在では費用が高価になってしまいます。しかし和とモダンを融合させたデザイン住宅であれば、手の届く価格で伝統と新しさを感じる家を造る事が可能なのです。

▲TOPへ▲